フィヨルドクルーズ(グドヴァンゲンからフロムへ)

スタルハイムホテルからグドヴァンゲンへ

一方通行の道を、グドヴァンゲンへ向かいます。

霧ってますね・・・グドヴァンゲンは大丈夫なのか。
徐々に下っていきます
一方通行の道なので狭く、岩が迫ってくる感じ。
途中で滝が見えました。

グドヴァンゲン

グドヴァンゲンに到着です。
出航まで、お土産屋さんをブラブラ。

フィヨルドとは

フィヨルドノルウェー語fjord)は、峡湾(きょうわん)、峡江(きょうこう)[1]ともいい、氷河による侵食作用によって形成された複雑な地形入り江のこと。ノルウェー語による通俗語を元とした地理学用語である。湾の入り口から奥まで、湾の幅があまり変わらず、非常に細長い形状の湾を形成する。

ウィキペディア(Wikipedia)

ソグネ・フィヨルド(ノルウェー最大)

ソグネ・フィヨルドノルウェー語Sognefjorden)は、ノルウェー西部にあるフィヨルドである。ノルウェー最大のフィヨルドであり、グリーンランドスコルズビ湾(Scoresby Sound)に次ぐ世界で2番目に大きいフィヨルドである。入口はベルゲンから約72km北のソグン・オ・フィヨーラネ県にあり、内陸に203km離れた Skjolden の町辺りまで伸びている。

フィヨルド内の最も深い場所は内陸部にあり、その水深は1,308mに達する。逆に入口付近はそこが土台のように盛り上がっており水深は100m程度である。フィヨルドの幅は平均5kmほどであり、両岸は1000mを越えるに囲まれている。

フィヨルド沿岸の町は、ボートなどによって結ばれている。主な町にはバレストランドグドヴァンゲンフロムなどがある。グドヴァンゲンはソグネ・フィヨルドの支流の一つであるネーロイ・フィヨルドに面しており、壮大な風景で知られている。フロムからは観光路線として有名なフロム線が走っている。この鉄道は20km離れたミュルダルに着くまでに864m上昇しており、世界一急な勾配とされている。

ウィキペディア(Wikipedia)

ネーロイ・フィヨルド(世界遺産)

ネーロイ・フィヨルド(Nærøyfjord)は、ノルウェーソグン・フィヨーラネ県アウルランドに位置するフィヨルドである。ソグネ・フィヨルドの支流であり、長さは20km、幅は250mである。

2005年にネーロイ・フィヨルドは、西ノルウェーフィヨルド群 – ガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルドとして世界遺産に登録された。

ウィキペディア(Wikipedia)

乗船待ちの列

こういう天気の悪い時は外で待つのが辛いですね。しかも冷え込むし。

クルーズ航路

ざっくり、下記のような航路でした。
左下のグドヴァンゲンを出発して、ぐるりと回って右下のフロムまで。約1時間半のクルーズです。

出航

さすがに雨が降っているので皆、船内からの観覧です。
ちょっと霧ってますね💦

この辺り。

虹が・・・

ちょっと天候回復してきたな〜と思っていたら。

クッキーママ

あ、虹出てる!

クッキーパパ

ホントだ!

と同時に、すぐに船外へ。

まさかの虹です♪

デジイチ持って撮影している人にお願いして撮ってもらいました。
クッキーママ

年賀状に使えるね〜♪

クッキーパパ

虹が出たのがこの辺りかな〜

虹は消えてしまいましたが、クルーズは続きます

おっと、滝ですね。

この辺りがクルーズの中間地点付近(推定)
たまたま写り込みですが・・・タブレット使って写真を撮っている人が居ました。
自分だったら落としてしまいそうで怖いですね。

フロムに到着

フロムのフェリーターミナルに到着です。

次は昼食です。

目次
閉じる