ベルゲン市内観光

今日はスウェーデンに移動しますが、その前にベルゲン市内観光です。
ホテルから近いので徒歩で出発です。現地ガイドさんの案内付き。

目次

ブリッゲン地区

世界遺産ブリッゲンとは

ブリッゲンBryggen)とは、ノルウェー王国ベルゲン旧市街の倉庫群。ブリッゲン(日本語ではブリュッゲンとも表記)はノルウェー語で埠頭という意味で、ハンザ同盟時代ドイツ人街だった地区に、カラフルで奥行の深い木造倉庫がならんでいる[1]。建物は伝統的な技法で修復されており、現在も商店やレストラン、ミュージアムとして使用されている。1979年世界遺産として登録された[2]

ブリッゲンを擁するベルゲン市は1070年の創設。1360年にはハンザ同盟のオフィスがおかれた。町は重要なトレードセンターとして開発され、ドックが整備された。ドックを管理する建物は各地からの職員、とりわけドイツ人をうけいれた。倉庫は物資、とくに北方ノルウェーからの魚とヨーロッパからの穀物で満たされた。ベルゲンはいくたびもの火災にみまわれ、ドック脇の倉庫や管理のための建物などは焼け落ちたが、いくつかの貯蔵庫の石材は15世紀にまでさかのぼることができる。

ウィキペディア(Wikipedia)

カラフルな建物が並びます

世界遺産登録の記念碑と一緒に
タイミング悪すぎで、ツアー客が写り込みまくり・・・
添乗員さんお願いしますよぉ💦
添乗員さんとパチリ

ブリッゲン地区の中央へ

建物の間に通路があり、奥へ進むことができます。

通路を通って奥へ進みます

干しダラを吊り上げるための滑車

多くの建物に干しダラを吊り上げるための滑車が
今でも荷物の上げ下げに使われているとか
かなり古そうな建物
工房らしいですね

干しダラのオブジェ

ここら辺にありました。

干しダラのオブジェのそばに井戸
景観を損ねないように、工事中の建物には外観を模したシートが
時計の付いた建物は雰囲気が良いですね
と思ったら、動いてないのね💦

魚市場

ブリッゲン地区の観光のあとは、魚市場です。お土産タイムですね。

魚市場に徒歩で向かう途中、
昨夜登ったフロイエン山の展望台が見えました

魚市場外観

複合施設ですね

魚市場内はこんな感じ

お酒も飲めるようです
こんなところでちょっとゆっくり・・・と言いたいところですが、
お土産を買う程度の時間しか無いですね、残念。

ハンザ博物館

ベルゲン市内観光の最後は、ハンザ博物館です。
こちらもガイドさんが説明してくれました。

ドイツのハンザ商人の商館だった建物が博物館になったそう。

秤ですね
沢山の干しダラが・・・
パッと見、流木?
ハンザ同盟の紋章?
干しダラが船の模型と一緒に吊られている不思議な光景
ベッドですね
上のベッドに比べるとランクが上な雰囲気
こっちが商人用で、上が使用人用とかかな?

これにてベルゲン市内観光は終了。ホテルに戻り、バスで空港へ向かいます。
空路、スウェーデンへ。

目次
閉じる