ストックホルム市立図書館

ストックホルム市立図書館(ストックホルムしりつとしょかん、スウェーデン語: Stockholms stadsbibliotek)は、スウェーデンストックホルムにある図書館。設計はグンナール・アスプルンド。1910年代から1930年にかけての北欧新古典主義英語版)を代表する作品であり、続く時代の北欧モダニズム建築への架け橋となった作品である[1]。建物内の広い中心部フロアは吹き抜けの円柱型をしており、360度書架を見渡すことができる。

図書200万冊、その他も含めて440万点を所蔵している。図書館としての年間予算は約1億1000万スウェーデン・クローナ(約1億3470万ドル)。

ウィキペディア(Wikipedia)

HPはこちら
https://biblioteket.stockholm.se/bibliotek/stadsbiblioteket

本日の自由行動最後の目的地、ストックホルム市立図書館に到着です。

とても図書館とは思えないオシャレな雰囲気が漂います。

写真でも迫力ありますが、入った瞬間、この空間の迫力に圧倒されます。
そもそも知っている図書館のイメージとは正反対の、明るい雰囲気が漂いますね。

3階まである円形ホールの書架
この吹き抜け感は凄い
書架の2階にあった大きな時計
上2枚の写真の左あたり
これは・・・何となく撮ってみましたが・・・何だ?

本日の自由行動はおしまいです。夕食を購入してホテルに戻ります。

目次
閉じる